成長する企業はSalesforceを導入

営業を営業担当者だけに負担のかかるやり方を部門を超えたやっていることが組織営業力の強化・向上を阻害している原因となっています。「あなたの会社の商品やサービスを購入することにお客様にとって、何かメリットがありますか?」これを分かりやすく自社と他社との違いを明確にしたうえで説明できるなら、まず間違いなくあなた(会社)の商品・サービスは、競争力のある商品といえます。

 

全社員のベクトルが同方向に向かっていなければ全員参加ということはなりません。社員の一人ひとりの能力を最大限に引き出し、組織力を目標達成に向けて強化し、結束することは少数精鋭で勝負している中小企業にとって、最重要課題といえます。

 

組織体制づくりとして収益を上げる営業部門を中心としたものが必要です。営業部門が「営業は大変だ、至難」と敬遠されがちですが、予想どおりそうでしょうか。

 

マンパワー営業に頼らず、せっかくある組織を組織営業体制に改善することが営業力強化のための優先課題です。営業のプロセスを他部門も巻き込んだ営業体制を構築するには標準化しなくてはなりません。

 

効果的に限られた人材を活用するためにも、全員営業を部門を超えて目指すことです。業務を標準化することは営業に限らず様々なメリットをもたらします。

 

全般的に中小企業は営業に病弱と言われています。